fbpx

ダイヤモンド・フォー・ピースでは、現在約45名のボランティアが活動をしています。ご自身のご興味、ご都合やお住まいの地域にあわせた活動が可能です。事務的な作業や翻訳は在宅で作業される方も多くいらっしゃいます。ご関心がある方は「ボランティア申し込みフォーム」にご記入の上、送信してください。担当者からご連絡いたします。
ボランティア申込フォーム:https://ssl.form-mailer.jp/fms/cc5356d0326545

【募集している主な活動分野】
オレンジ色
は特に必要としている分野です。
1.事務作業(パソコンを使用した書類作成ができる方)
2.記事執筆(メルマガ、ウェブサイトの記事、Facebook/Twitterの記事など)
3.翻訳日→英、英→日、仏→日等、英語目安:TOEIC800点以上取得の方、仏語目安:仏語検定2級以上取得の方)
4.グラフィックデザイン(グラフィックデザインの勉強をした事がある方)
5.ウェブサイト更新(Wordpressの操作を覚えたい方)
6.情報収集(日本語および英語、ダイヤモンドに関連する記事や情報)
7.情報拡散(Facebook, Twitter, ブログ、メール等)
8.イベント企画・運営
ファンドレイジング(サポーター・法人会員募集、活動資金調達に興味のある方)
10.   広報広報関連の仕事の経験がある方、広報業務に興味のある方)
11.  運営(活動全般の企画、実行。月1回運営ミーティングがありますので、参加可能な場合は参加して頂きます)
12.  編集部(記事作成の進行管理等)
13.  調査研究(ダイヤモンドの課題に関する各種調査)

【資格】
大学生以上の方。高校生の場合は個別にご相談ください。

【お問い合わせ先】
info★diamondsforpeace.org(★を@に変え、メールを送信ください)

【ボランティアスタッフの声】

ボランティアとしてダイヤモンド・フォー・ピース(DFP)に関わっている方の声を紹介します。

私のダイヤモンド・フォー・ピースでボランティア活動のきっかけは、子どもでした。
子どもの通う幼稚園でシエラレオネ共和国にある学校を支援していたのです。その支援活動を通して、ダイヤモンド鉱山で働かなければならない子どもたちや、労働に見合った対価を得られないダイヤモンド産出国の人々の状況を知りました。何もせず、ただ心を痛めるよりは、少しでも現実的な支援に関われればと思いDFPのボランティアを始めました。翻訳やWeb記事の編集などは、家事や子育て、仕事の合間の小さなボランティア作業ですが、平和な社会の大切さを強く感じられ、参加して良かったと思っています。
(編集部 松永あゆみ)

 

私は、大学の授業を通じダイヤモンド・フォー・ピースを知りました。富の象徴ともいえる輝かしいダイヤモンドの裏には、人権侵害や環境破壊といった問題が複雑に絡み合っているという事実を知った際は非常に衝撃を受けました。学生の私にも何かできることがあるのではないかと考え、現在はボランティアとして活動しています。私の活動は現地に出向いて人々を直接支援するものではありませんが、団体が活動を報告する際に使用する書類の作成やイベントの運営など、団体を裏から支えることができ、非常にやりがいを感じています。
(翻訳、事務作業、イベント運営担当 渡辺莉奈)

 

代表理事の村上千恵さんは高校時代のクラスメイトです。 大切な友人のために何かできることがあるならと思い、 2014年からCG/映像担当のボランティアとして協力させていただいております。 アフリカの現状を写真や動画、報告等で勉強することで、それらの問題について何とかできないものかと真剣に考えるようになりました。 2人の子育てと、仕事をしながらの隙間時間となりますが、 今後も少しでも多くご協力できたらと思っております。 制作や活動の場を通して、個性的なメンバーの皆様や様々な専門分野の方々にお会いできるのも楽しみのひとつです。
(映像編集担当 中村真理子)

 

第7回アフリカ開発会議(TICAD7) 当団体のブースにてボランティアのみなさんと
volunteer image
イベントの準備をするボランティアスタッフ

 

書類の発送作業

 

 

Top