途上国の手掘りダイヤモンド採掘者達によるフェアなダイヤモンドは、現在、存在していません。また、ダイヤモンドの流通においては、どこで採掘・カットされたのか不明なダイヤモンドがほとんどのため、「責任ある調達 (Responsible Sourcing)」を行いたいジュエラー(ジュエリーブランド、販売店等)はジレンマを抱えています。

ダイヤモンド・フォー・ピースは、西アフリカのリベリア共和国で手掘りダイヤモンド採掘者達を支援しています。支援の目標の1つは、出所を明らかにできる透明なサプライチェーンを構築し、採掘者達の組合が採掘したダイヤモンドを責任ある調達をしたいジュエラーに流通する仕組みを構築することです。この方法により、ジュエラーは出所、労働状況や環境への影響を知った上で、ダイヤモンドを調達することが可能になります。

当団体が支援するリベリアの組合が採掘するダイヤモンドが流通する際には、当団体の現在の法人会員に購入優先権を付与します。法人会員である期間等を考慮の上、優先権を決定する予定です。ご興味のある方は、法人会員募集ページをご覧ください。

この分野で対象となる持続可能な開発目標(SDGs)

SDGs 12 つくる責任つかう責任

目標12
持続可能な消費と生産のパターンを確保する

SDGs 17 パートナーシップで目標を達成しよう

目標17
持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する