第2回自己評価ワークショップ

こんにちは、副代表理事の川合です。

ダイヤモンド・フォー・ピースは「よこはま夢ファンド組織基盤助成金」を受けて、昨年度1年間、団体の組織基盤強化に取組んできました。団体の現状・課題を棚卸しし、今後の活動展開を検討し、業務のマニュアル化や中長期計画の策定、認定NPO法人取得に向けての準備などを進めてきました。

そして先日、ファシリテーターの方と2回目の自己評価ワークショップを実施しました。

今回は、振り返りの手法の一つである、KPT法(Keep Problem Try)を用い、当団体の昨年度1年間の活動を振り返りながら、まず、Keep(実施したこと、続けたい事)、Problem(問題点、できていないこと)を洗い出しました。そして今後のTry (これからすること、やりたいこと)を考えました。ダイヤモンド・フォー・ピースにとっての現在の大きなTryの一つが、いかにして「サポーター」を増やしていくかです。サポーターとは、活動に共感し、寄付やボランティアをしてくださったり、イベントに参加してくださったり、ダイヤモンド・フォー・ピースを好きになってくれる、「ファン」になってくれる人々です。その様な人々を増やすために、団体のミッションの実現を目指すと同時に、活動に関わることで、サポーターのみなさんの夢や目標、思いを実現できる機会を見つけていく、増やしていくことに取組んでいきたいと思います。

 

新年度になり、何か新しいことにチャレンジしたいと思っている方、その場としてダイヤモンド・フォー・ピースを選んでみてはいかがでしょうか。

 

関連リンク:自己評価ワークショップ

冒頭写真:「横浜市撮影。横浜市の許可を得て掲載。」

Sharing is caring!