ダイヤモンド採掘現場の現状:支援を求める労働者たち

ダイヤモンド・フォー・ピースがリベリアでの活動を本格的に開始した2015年2月から力を入れて取り組んでいたのは、リベリア直面していたエボラウイルス病緊急支援活動でした。当時、現地ではあらゆる社会経済活動が停止しており、当団体の支援対象者であるリベリアのダイヤモンド採掘地で働く零細採掘労働者もその活動を一時中断していました。しかし同年5月、リベリアでエボラウイルス病の終息宣言が発表されると、零細採掘労働者たちは活動を再開しました。

私は、今回初めて当団体の現地コーディネーターとして、ダイヤモンド採掘地域で働く労働者が置かれている状況を確認するために、現場を訪れました。リベリアでは、長年にわたりダイヤモンド採掘が行われていますが、そこで働く零細採掘労働者たちはいまだ深刻な様相を呈しており、何とか生き残っているというように見えます。おそらく、きちんとした職業訓練を受けていないことや、見つけたダイヤモンドが実際の価値より低い価格で売買され、不当に搾取されてしまうからでしょう。

今回の訪問では、マギビ州にあるベンヤン・ペレイという村で現場の採掘労働者に話を聞くことが出来ました。

ダイヤモンド・フォー・ピース(以下DFP)コーディネーター:
みなさん、はじめまして。DFPのコーディネーターです。
DFPは、ダイヤモンド採掘に携わる人々の自立と労働環境改善を目指し、リベリア政府とともに活動を行っていきたいと考えています。あなたがたが行っているダイヤモンド採掘活動とはどのようなものでしょうか。これまでの進捗と課題について、お聞かせください。

採掘労働者・雇い主:
ようこそいらっしゃいました。
悪路を抜けこのような奥地まではるばるお越しいただき感謝の気持ちでいっぱいです。私たちは、ダイヤモンド採掘そして農業活動に焦点を当て、「セーブ・リベリア・インターナショナル」という現地NGOを設立しました。申請書類が受理され、政府から組織として認められましたが、資金はあっても運営には非常に多くの難題を抱えています。この場所で今も試掘を続けていますが、私たちが始める前にもここで同じような活動をしていた人々がいました。彼らが残していった採掘地の砂れき(砂と小石)の中でダイヤモンドを一粒見つけ、それを300米ドルで売って資金としました。試掘を始めて数週間も経たないうちに、2粒のダイヤモンドを発掘しましたよ。そちらにいる同僚も、ダイヤモンドを探し当てました。

ダイヤモンド原石
試掘の際に見つかった2粒の小さなダイヤモンド

DFPコーディネーター:
ここでの活動において、課題はありますか?

採掘労働者・雇い主:
はい、課題や問題があまりにも多すぎ、飲み込まれそうなほどです。
例えば、採掘に必要な道具がありません。
シャベルや掘取機、カトラス(短い刀のようなもの)、ダイヤモンドを洗う箱や水を供給するための設備…。労働者の体力を保つためには、食料も必要なんです。

ダイヤモンド零細採掘労働者
ダイヤモンド採掘で使われる道具を持つ労働者

DFPコーディネーター:
このような奥地で事業を始めるからには、様々な準備をされたことでしょう。森の中で作業するために必要な道具やその他必要な費用を、事前に見積もられたのでしょうか?

採掘労働者・雇い主:
優れた事業には、計画があるものですよね。
ええ、私たちは計画を立て、鉱物を求めこの地へやってきました。しかし、事業を起こすための資金に恵まれないことはままあることで、あらゆる犠牲を払って、何とか続けていかなければならない状況に置かれることもあるのです。私たちが現在使っている道具は、他の採掘労働者が何度も使ってきた中古です。これらを利用することにより、なんとか事業を開始するに至りました。そのあとは、ここでの活動に関心を持ってくださる方々や組織に相談しながら支援を仰ぎ、活動していきます。

ダイヤモンド零細採掘労働者
ダイヤモンド零細採掘労働者が砂れき層を掘っている風景

DFPコーディネーター:
ダイヤモンドは、簡単に見つかるものでしょうか?

採掘労働者・雇い主:
採掘は、決して簡単な作業ではありません。
体力が必要とされるのですから。
私たち労働者がスタミナをつけるために、もっと多くの食料が必要であると感じています。

DFPコーディネーター:
最後に、メッセージはありますか?

採掘労働者・雇い主:
リベリアの零細採掘労働者に関心を持ってくださるDFPさんに、そしてその他の組織で活動する皆さまにお伝えしたいことがあります。この産業分野の変革には、金銭面および倫理面での支援が必要です。労働者たちが一つにまとまり、組織的な能力を向上させるための訓練が必要だろうと感じています。その訓練を通して、自分たちの仕事が経済活動の中で価値を持っていることを知ることができます。私たちはダイヤモンドを見つけることができても、それを正当な金銭的な価値に繋げるための術を知らないのです。

 

DFPコーディネーター:
お話しいただき、ありがとうございました。

リベリア ダイヤモンド採掘
労働者と一緒に砂れき層を掘るDFPコーディネーター(写真中央)

冒頭写真:雇い主(写真右)と彼女のもとで働く労働者(写真左)。男性が持っているのは、ダイヤモンド採掘の際、ウォッシングという作業に使う道具。

Sharing is caring!

『NPO法人 ダイヤモンド・フォー・ピース』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~