fbpx

12月2日「みんなでつくる持続可能なサプライチェーン~活動報告会」開催案内

こんにちは。代表理事の村上です。

生涯の愛を誓い合う婚約指輪や愛する人に贈るジュエリー。それに使われているダイヤモンドが、実は紛争の資金源になっていたり、労働する人の人生を犠牲にして採掘・カットされていたら、ショックではありませんか?残念ながら、このような状況で採掘・カットされているダイヤモンドが多く存在しているのが、現状なのです。

川にもぐって危険な採掘をする様子

私達は誰も不幸にならない、搾取されない、関わるすべての人が幸せになるダイヤモンドが、当たり前に流通する社会をめざして活動しています。

犠牲や搾取の上に成り立つダイヤモンドの現実は、社会問題です。ご想像のように、ダイヤモンド業界を変え、平和や幸せにつながるダイヤモンドを実現するのは途方もなく難しいことです。活動開始当初、何人もの人に「そんなことできるわけない」「そんな問題は存在していない」と言われたものです。

しかし、私達は一歩を踏み出しました。この課題を知ってくださる方や活動に協力してくださる方が一人、また一人と増えてきており、少しずつ状況が変わり始めていることを感じています。

既得権益や力を持っている利害関係者、活動しているリベリアでの教育・社会問題、流通など、多くの問題が複雑に絡み合う中、私達がどのように壁を乗り越えようとしているのか、実際何が起きているのかをありのままにお伝えします。

社会問題や国際協力に取り組まれている方、ビジネスの中で複雑な問題に直面している方にも何かヒントを得たり、勇気を得て頂ける場になることと思います。

みなさまと知恵を絞りあい、お互いの課題解決に一歩進む日になることを願いつつ、みなさまのご参加をお待ちしております。

【報告会の概要】

私達は西アフリカのリベリアで、手掘りダイヤモンド採掘者を対象に自立支援活動を行っています。現在、最初の研修であるチームビルディング研修を開発しています。また、日本ではダイヤモンドの(潜在)顧客であるみなさまにダイヤモンドの課題を知って頂く啓発活動を行っています。報告会では活動の進捗についてお伝えし、持続可能なサプライチェーンをつくるために、私たち皆に何ができるのか考える機会にしたいと考えています。

ジュエリーショップに行った時、「人権環境配慮されて採掘されたダイヤモンドを選ぶにはどんな質問をすればいいの?」と思ったことはありませんか?現在、ダイヤモンド・フォー・ピースのプロボノチームが、「ジュエリーショップで聞きたい●●の質問(仮題)」パンフレットを開発しており、この報告会で提案を発表する予定です。参加者のみなさんにもコメントを頂き、よりよい内容にしたいと考えています。

ダイヤモンド、鉱物、サプライチェーン、SDGs、アフリカ、リベリア、国際協力、社会問題等にご興味のある方、ぜひご参加ください!リベリア産のはちみつを使ったドリンクをご用意してお待ちしています。

日程:2018年12月2日(日)
時間:
13時30分開場
14時〜16時 報告会兼ワークショップ
16時〜17時 同じ会場にて懇親会
会場: 英治出版 EIJI PRESS LAB
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-9-12 ピトレスクビル 5F
アクセス:恵比寿駅から徒歩3分
http://www.eijipress.co.jp/about/access.php
参加費: 1000円 (ワンドリンク付)
参加申込:下のフォームに入力・送信ください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/53385bb7371187
お問い合わせ:info[at]diamondsforpeace.org までメールにてご連絡ください。

ご友人・知人をお誘いあわせの上、ぜひいらしてください。おひとり様のご参加も歓迎です!

 

Sharing is caring!